Apollon Audio NC800 SL の電源スイッチを取り替えた

Apollon Audio NC800 SL という Hypex NCore NC500 が載っているパワーアンプを購入しました。

www.apollonaudio.com

ところが、電源スイッチがオンのまま戻らないという、ちゃんと動作確認しているのかと不安になる問題が起きました。 メーカーに問い合わせたところ、新しい電源スイッチを送ってもらうことになったので、それを取り替えた記録です。

以下が問題のスイッチです。押したら電源がオンになり、もう一度押したら電源がオフになる方式のスイッチです。 初めて電源を入れた時に押し込めなくなり、それ以来電源がオフにならない、という状態になっています。(アンプ裏の主電源スイッチで電源を操作することは可能)

f:id:cho_co_by:20191006131457j:plain

送ってもらったスイッチ。

f:id:cho_co_by:20191006131705j:plain

天板のネジを外します。

f:id:cho_co_by:20191006131958j:plain

スイッチのコネクターを取り外します。

f:id:cho_co_by:20191006132442j:plain

ナットを緩めるとスイッチを取り外せます。

f:id:cho_co_by:20191006132600j:plain

左が新しいスイッチ、右が古いスイッチ。 どちらも電源をオンにした状態ですが、古いスイッチのほうが深くまで押し込まれています。

f:id:cho_co_by:20191006132806j:plain

新しいスイッチを取り付けました。取り付けは取り外しと逆の手順です。

f:id:cho_co_by:20191006133038j:plain

動作確認。電源オフの状態。

f:id:cho_co_by:20191006133216j:plain

電源オンの状態。良さそうです。

f:id:cho_co_by:20191006133228j:plain

まとめ

このアンプについての感想は後で書くかもしれないし書かないかもしれません。 一言でいうと、アンプモジュールに Hypex NCore NC500 を使っているので音質は問題なさそうだけど、品質やサポートについては期待できないな、という感じです。

このスイッチが届くまでにも色々あって、「スイッチを送ったよ!5 -7 日ぐらいで届くと思うから、届いたら詳しい手順を送るから教えてね」 → 届いたのが 20 日後。追跡番号を確認してみたら発送されたのはそのメールから 10 日後だった。届いてからも「スイッチが届いたよ」と送ったら「手順で分からないことがあったらメールしてね!」だけ返ってきた。手順が必要ないほど簡単だったのでいいのですが...

アンプ本体が送られてきたときも追跡番号が間違っていて、到着するまで追跡できなかった、ということもありました。 海外ガレージメーカーに期待するのが間違いな気もします。

ギャラリー

天板を開けたついでに色々撮ったのでアップ。

f:id:cho_co_by:20191006134530j:plain
中身は結構きれいに見えますがどうでしょう

f:id:cho_co_by:20191006134625j:plain
天板のネジのナットはレール上で動かせるようになっていました。

f:id:cho_co_by:20191006135005j:plain
Hypex NCore NC500 のアンプモジュール

f:id:cho_co_by:20191006135217j:plain
インプットバッファーボード。オペアンプには「Sparkos SS3602」か「Sonic Imagery 994」を選べます。温度感があるという「Sparkos SS3602」にしました。